スズキ車種別値引き情

軽自動車のハスラーやスペーシアをはじめ、ソリオなどの人気車種が揃うスズキ。

 

スズキの日、大商談フェア、初売りといったイベント時や決算時期には、通常の値引き額に加え、多少のプラスが見込めるので狙い目といえます。スズキの各店舗間で競わせることもできるでしょう。

 

▼車種別簡易値引き情報一覧
車種名 値引き目標額 ライバル車種

アルト

15〜20万円 ミライースなど

アルトワークス

10〜13万円 -

イグニス

20〜30万円 ノート、フィットなど

エスクード

25〜35万円 ヴェゼル、XVなど

エブリイ

5〜25万円 N-VANなど

キャリイ

5〜15万円 ハイゼットなど

クロスビー

25〜30万円 ライズ、ロッキーなど

ジムニー

5〜15万円 -

ジムニーシエラ

20〜25万円 -

スイフト

25〜35万円 フィット、ヤリスなど

スペーシア

20〜25万円 N-BOXなど

ソリオ

25〜35万円 ルーミー、ジャスティなど

ハスラー

15〜20万円 タフトなど

ラパン

15〜20万円 N-ONEなど

ランディ

35〜45万円 セレナなど

ワゴンR

15〜20万円 ムーヴなど

 

ご希望のお車をクリックしていただければ、値引き情報が出てきますのでお進み下さい。

 

 

英数ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行ワ行

 

ア行

アルト

アルトワークス

イグニス

エスクード

エブリイ

 

カ行

キャリイ

クロスビー

 

サ行

ジムニー

ジムニーシエラ

スイフト

スペーシア

ソリオ

 

ハ行

ハスラー

 

ラ行

ラパン

ランディ

 

ワ行

ワゴンR

 

スズキ車値引きの必勝法


値引きをうまく引き出すには、とにかく難しいことは考えなくて大丈夫。以下のポイントを注意して交渉するようにしましょう。


自分から値引き金額を言わない


せっかく情報収集した値引き金額を、あっさり営業マンに言ってしまう人がいます。面倒な交渉をしたくないというお気持ちはわかるのですが、ちょっとそこは慎重に考えたいところです。


だいたいどんな車種でも、平均的な値引きの金額は、新車価格から10〜15%前後と言われていて、300万円のクルマであれば、30万円から40万円が一般的な値引き額です。


そして、その希望した値引き額が「難しい金額」なら、一瞬で嫌悪感を持たれてしまいますし、その逆に「値引きできる金額」であれば、本来もっとあったはずの値引きが少なくなって、大損してしまうことにもなりかねません。


営業マンは値段交渉よりもしっかりとした商品説明をしたいので、面倒かもしれませんが、じっくりと商品説明を聞いてあげた後に値段交渉に入るようにしましょう。


同一クラスの車種と比較


例として、ホンダのフィットならトヨタでいえばヤリス。日産のセレナであればトヨタのノアやヴォクシーのように、必ずどのメーカーも同一クラスの車種が存在します。


「向こうのクルマもいいけど、こっちのクルマもいいね。自分はどっちでもいいんだけどなぁ…」

などということで、最後は


値引きで戦うしかなくなってしまう


ように仕向けていくのです。


事実、営業マンはこうした話のやり取りのシミュレーションを勉強させられます。役者になって、うまくそこを突くようにすると、値引き額はグッとアップするのは間違いありません。


架空の人物の存在を匂わす


自分に決定権がないように演じるのも有効な手。


あと一歩の値引きを引き出すために、若い方や女性の方であれば親御さん、男性であれば奥様の存在を匂わせてみましょう。


「私はこの値段でもいいのですが、父(妻など)がもう少しなんとかならんかと言っています」


と、ヒトコト入れるだけで、最後のひと押しに役立ちますね。


下取りでチョロまかされるな

値引きをマックスまで引き上げることができたのなら、最後は下取り車両の値上げ交渉。



” 値引きと下取り合算でこれだけ… ”


の甘い言葉には騙されてはいけません。

  • 値引き額は値引き額として
  • 下取り額は下取り額として

きちんと算出してもらうことが大切です。


その上で提示された下取り額を、ディーラーだけでなく、他の買取店などと比較するようにしましょう。


せっかく頑張って値引き交渉しても、下取りをポイッとディーラーへ投げてしまうのはかなりの愚行です。


こんなデータがあります。


車種名 ディーラー価格 買取店価格

フィット

67万円

102万円

アルファード

245万円

290万円

プリウス

75万円

95万円

ハイエース

140万円

180万円

オデッセイ

70万円

82万円


ディーラーと買取店の査定額の差。


たいていの車種において、買取店の査定額が上回っているのがわかります。


それは、未だに減価償却方式で査定しているディーラーと、市場の需要によって査定額を決めている買取店の金額の違い。もちろん、稀にディーラーの方がいい値段をつけることもありますが、


できるだけ多くの買取金額を比較する


ことがとても重要になってくるのがわかりますね。


買取店を1軒1軒廻る…、わざわざ自分のガソリン代を使って廻るのもどうかって話ですよね?


以下より入力すると、複数の買取店に一括で査定依頼ができるので、とっても便利なんです。



引用:https://carservice.rakuten.co.jp/


もちろん当たり前の話ですが、提示された金額に納得できなければ、ムリに売る必要はありません。



どうでしょう? 買取金額を比較するからこそわかるというもの。


結果的にこうなると、嬉しいですよね?


\どれくらいの価値があるのか/

※お車のことでわからない部分は「不明」を選択すればOKです


入力イコール売却ではない

概算価格を調べたからといって、必ず売らないといけないわけではありませんのでまずは安心してください。

愛車の価値を知り、どう交渉するのか。どれを検討する材料として、必ず愛車の相場は知っておくべきといえます。


そしてまだこれから購入する車の値引き交渉に入る場合なら、


「売る時期はもう少し先で考えている」


と言えば問題ありませんし、ディーラーの値段が一番良ければそのまま売却すればいいだけ。もちろん業者側も


「車なんてそうすぐには売ってはくれない」


と思っていますから、気軽に入力してみると良いでしょう。


一括査定に依頼したからこそ

7万円の下取りが32万円になったお話にはご興味はありませんか?


下取りはなぜ1社だけ?


仕事でずっと使っていた古い車。走行距離なんて15万キロを超え、古いディーゼルの車だったために黒煙はひどく、あちらこちらからガタゴトきしみ音が…。

下取り査定では7万円。まぁ古い車でそんな値段がついたら充分かと思っていましたが、妻に


「新車の値引きは何社も引き合いに出すのに、なんで下取りになると1社だけで決めちゃうの?」


と言われてハッとしました。


一生懸命値引き交渉を頑張ってきて、下取りで帳尻を合わせられたら最悪。ネットの一括査定なるものに申し込んでみました。


すると1軒目の査定でいきなり25万円の好査定。思わず飛び上がって喜びそうになったのをぐっと我慢。2軒目でびっくり32万円! そして3軒目では28万円。


4軒目の店に聞くと、32万円は難しいと言われたので丁重にお断りし、一番高い2軒目で決めたのは言うまでもありません。


妻のヒトコトがなかったら7万円で下取りに出してしまってました…。あぶなかった…。

愛知県 自営業 50代・ゆーさく


必ずしも全てが全て、一括査定に依頼すると高くなるわけではありません。


ですがディーラーの下取り査定だけでは、それが高いのか安いのか、判断することはできませんよね?



だからこそ、せっかく大切に乗ってこられたお車です。多くの業者に見せて、少しでも高いところに売るようにされてはいかがでしょうか。


お金はかかりません。無料で使えます。


有料ならともかく、損をしたくないのであれば、これを使わないという選択肢はないですよね。



\下取りの値段も少しでも高く/

 

日本の車はなぜ高いのか?理由は?

ではこれらの車がなぜ高いのか。


その理由は間違いなく貿易で輸出されていくに他なりません。



日本の車は世界レベルで見てもとても性能が良く、こうして水没した車両でも売れていくのだとか。そんな状態でも需要があるというのが驚きでしょう。


もちろん、水没車がすべて売れるというわけではありませんし、全ての車種に当てはまるわけではありません。ですが、そんな状態の車でも売れていくということは、我々日本人が日頃から車を大切にしているからという背景があるからなのですね。



 

\どれくらいの価値があるのか/


そして今、高く売れる車種はコレだ

そして下取りさせる前に、今どんな車が高く売れているかを把握しておくと有利です。


高く売れる理由は後でご説明いたします。まずは車種から見ていきましょう。


トヨタブランド最強説


トヨタ(レクサス)の車は、基本的にどの車種であっても高値で取引きされています。

トヨタのほぼ全車種が海外へ輸出


されていて、主にロシアや東南アジアなどの後進国を中心に、どんどん流れていきます。


理由はやはり世界のトヨタというネームブランドと耐久性。ランドクルーザーやハイエースなどは100万キロ走ってもまだまだ走るという耐久性から、全世界のユーザーに支持されています。

軽自動車は全般が高値


今や日本の道路は軽自動車が定番化しています。

日本の狭い道路にマッチした軽自動車は、近年の性能アップもあって、大抵は国内での再販です。


今流行りのトールワゴンタイプのものはもちろん、営業車で使うようなバンタイプのものやトラックに至るまで、すべて高値で売れると思ってもらって大丈夫です。

1500CC未満のコンパクト


経済性を求めるユーザーが多い背景もあって、この1500cc未満のコンパクトクラスは軽自動車に次いで高い人気を保っています。

中でもハイブリッドカーは無類の強さ


を誇り、走行距離が20万キロ走っていても普通に値段がつくともいわれています。海外への貿易も積極的に行われていますので、かなりの高値を期待できるでしょう。

ミニバンは古くても根強い人気


国内では人気のミニバン。最近では後進国でも広さとゆとりを兼ね備えたミニバンクラスが人気となってきました。

特に排気量が2500cc未満


のレギュラーガソリン仕様のミニバンは、国内外問わず大人気。維持費も安く、再販するにはとても売りやすいので、高値がつく傾向にあるようです。

MTのスポーツカー


人気漫画頭文字Dの影響など、車に楽しさを求めるユーザー層から熱い支持を得て、特にマニュアルトランスミッション(MT)の人気がすごく、かなりの高値を推移しています。

軽自動車のターボのホットモデル、シビックやインテグラなどのライトウェイトスポーツや、シルビアやロードスターなどのFRスポーツ、その他ハンドリングマシンのRX-7など、挙げればキリがないくらい


ホットなスポーツカーはタマ数不足


ということもあり、とても高値で推移しています。

働く車はボロでも高い!


プロボックスやハイエースなどのバン、そして軽トラックから大きな10tトラックまで、「働く車」は輸出も盛んに行われていることから、とんでもなく高値で売れています。

20万キロの過走行や、外装の凹み、タバコの焦げ跡などはあっても全然問題なし。そんな程度が悪くてもガンガン売れていくのはこのジャンルならでは。安定の高値です。


\いったいいくらくらいあるかな?/